自己慈愛

あなたはご自分のことが好きですか?

答できなかったあなたはきっとどこか嫌いな自分を感じているからだと思います。
即答できなかったあなたは正直で素直な方です。

ではどこが嫌いですか?
理想の私はどんな私ですか?

パラレボ理論を実践すれば必ず自分を好きになることができます。

なぜなら、パラレボ理論は、この地球上に存在するありとあらゆる宗教、スピリチュアル、思想、科学……その他諸々を超えて統合できる自然の法則・宇宙の法則を解き明かした理論だからです。

太陽が東から西に沈むように、自分を好きになれないカラクリと、自分を好きになるためのステップは、自然の法則の中にあります。

ふたつでひとつ

は魂と肉体のふたつでできています。

同じように、心も「不快な感情」「感謝や喜びの感情」のふたつでできています。

この「不快な感情」をどうするか? ということで悩まれている方が多いとおもいます。

感謝が喜びが多すぎてどうしよう、という方はそのままで結構です。

この「不快な感情」は実は、『有って在るもの』なので必要なものであり、有って良いものであり、忌み嫌うものではないのだ、ということをまずは知っていただきたいと思います。

その前提で、この「不快な感情」を使う自分自身を嫌っている、ということに気づくことがまずワンステップ。

なぜ私は「不快な感情」を嫌ってしまうのか? を自分の中で探ることが次のステップ。
そして、「不快な感情」を使う私を「認める」「受け入れる」ことが最終ステップ。
これを実際に自分自身の中でやっていきます。

すると、まずできないことに気づくでしょう。

できなくて当たり前

の地球上で「善悪」というシステムの中で生きてきている私達は、まず不快な感情を悪として排除しようとしてしまうように慣らされています。

ですから、感覚的には非常に難しいことなんです。
実際に意識してみるとそれが分かるとおもいます。

パラレボ理論は徹底的な現実主義の理論と言ってもいいかもしれません。
知識は、納得するために必要ですが、大事なのは知識の先の実践にあります。

ですから、わくわく「氣」ランドなどの学び場が準備されているというわけなのです。
具体的な実践方法を分かりやすく、また、その時々の旬の講義がされています。ぜひ体験にいらしてみてください。

ぜひパラレボ理論を生で聴いて肌で感じていただきたいからです。
そして、心に入ってくる感覚や、心が満たされる感覚をぜひ感じていただきたいです。

[サイト内リンク]